【セトリ&感想】Official髭男dism/SHOCKING NUTS TOUR【大阪2日目】

  • URLをコピーしました!

こんにちは!
広島の音楽好きブロガー・むー(@muev_v)です。

2023年1月31日(火)に大阪・フェスティバルホールで開催された
Official髭男dismのホールツアー・
SHOCKING NUTS TOUR(ショッキングナッツツアー)の詳細や感想書いてます。

本当はライブ後すぐに感想ツイートしたかったのですが…!
2時間半の情報量多過ぎてが
全く140字にまとまらず…!

今ツアーでもこの会場は倍率が高く
また平日に振替になったことで参戦できなかった人が多かったみたいなのですが、
メンバーがそれぞれMCなどで

  • 会場に来てくれた人にも、今日来れなかった人にも届けるつもりで演奏する
  • 今年中にフェス以外でも大阪に戻ってくる
  • フェスティバルホールはまた絶対やりたい

って言ってくれてたので、今回行けなかった人にも届いたらいいなあと思ってます。

私自身こんなとこまで感想見に来てくれた人が
少しでも気分を味わえるよう、
また次は絶対参戦出来るよう祈って書き残しておきます!

※夏フェスはさとっちゃん
声帯ポリープ治療のため出演見合わせ
この日はすごく調子が良い日だったみたいです
これまでの曲復習したり

春に出るであろう合唱曲覚えたりしながら待ってるので
焦らないで回復してほしい…!

セトリor感想だけ見たい方はINDEXのリンクからどうぞ!

INDEX

Official髭男dismのライブチケットの取り方

このツアーについてはオンライン申込のみ
2022年5月1日同年9月末からツアー開催のお知らせがあったあと
以下の申込チャンスがありました。
(※FC=ファンクラブ 時期などは今ツアーの話です)

  1. FC年月会員抽選申込:5月初旬
  2. FC年or月会員抽選申込:5月末
  3. 公式HPからの抽選申込:6月中旬
  4. 一般販売(※先着順):8月末
  5. 各公演前日正午まで公式トレード(※抽選)
  6. 各公演12:00〜 当日席販売(※先着順)

ヒゲダンのファンクラブは
年会費制月会費制の2つがあって
両方の会員のほうが
申込のチャンスが増える感じ

前日までトレード利用可、当日席も先着順で申し込める

私はW会員ではあるのですが情報得るの遅くて
①②のファンクラブ優先や
③の公式HP申込に間に合わず
④の一般先着には玉砕…

今回は⑤の公式トレード、
事情があって行けなくなった人がリセールに出してくれたチケットに、奇跡的に当選した形です。

で。

ここで言いたいのは私ってマジラッキーイエーイって話ではなく、
特に当日の機材席開放などで
特権使えない人にも参戦のチャンスを
ヒゲダンチームは残してくれてる
ので
ファンクラブ会費の捻出が難しい方も結局お金積まなきゃ聴きに行けないんでしょ…って悲観的にならないでほしいってことです。

会員特権使えなかったけど
行けた人ちゃんとここにいるよ!

ただまあ現実問題
そんな奇跡の話はいい!
絶対行きたいから確率に投資したい!
って人に
知っておいてほしいことまとめておきます。

チケット当選確率を上げるためにできること5つ

  • 1人での参戦を考慮に入れる
  • ファンクラブにはツアー開催5ヶ月前には入っておく
  • 先着順申込にはなるべく速いネット環境で挑戦する
  • チケプラTrade Premiumの会員になる
    (※トレードの当選確率が上がる/月額440円)
  • チケット代支払い期限の日にもう一度申込ページを覗く

特に5つ目は額面じゃなくて手間への投資で
当たったけど期日までに支払いしなかった人の
席が戻ってくることを知ってるか知らないかだけの話なので
ここまで読んでくれた方には届いたらいいなと思いました…!

でもヒゲダンのFCはチケットどうこう関係なく
音楽好きもメンバーが好きな人も楽しいコンテンツいっぱいあるし
更新も多くて全然損しないと思うよ!

あと情報見逃すのやっぱり痛いので
TwitterOfficial髭男dism公式LINEフォローしとくの大事だなって思います。

SHOCKING NUTS TOUR 大阪フェスティバルホール振替公演2日目

前置きが長くなりましたが
2023年1月31日(火)開催のOfficial髭男dismのホールツアー
SHOCKING NUTS TOUR 大阪2日目のレポートです。

実質ミックスナッツEP収録楽曲のお披露目&
ヒゲダン結成10周年記念ツアー
で、
本来2022年11月5日(日)開催だったライブの振替公演にあたります。

フェスティバルホールのキャパとアクセス

フェスティバルホール

会場のフェスティバルホール
大阪駅桜橋口からまっすぐ歩いて約15分のところにある
キャパ2,700席・3階席までの名門ホール。

私事ですが学生時代関西にいて、
広島に戻ってからも出産までは関西の社会人合奏団に所属して通ってたので
大阪はわりと馴染みの場所ではあります。

だからチケットが当たったのがライブ前日でも
すっ飛んで行くという選択肢が生まれた訳なんですが。

(トレード出してくださった方、家族のみんな、本当にありがとうございます…!)

ツアーグッズの当日販売

ヒゲダンライブ ツアーグッズ
ヒゲンジャーズは前回のEditorialツアーの時のキャラクター


開場は17:00でしたが
グッズ販売は14:00から。

ツアーグッズはオンラインストアで買ってたので
現地では別にいいかなーと思ってたのですが、
道順確認がてら1度早めに着いたので
ミックスナッツをおみやげに。

ヒゲダンライブ ツアーグッズ ミックスナッツ
※絵ハガキはチラシ類におまけで入ってたもの


ミックスナッツの味はブラックペッパーとカレーの2種類があって、
当初ブラックペッパーはともかくなんでカレー味?ならちゃんが作るのハマってたから?と不思議に思ってたんですが、家族で開けてみたら
常時スーパーで売ってほしいって盛り上がれるくらい美味しかった。
ということで、お土産も全部カレー味です。笑

(味はメンバーも色々試食した上で決まったそう)

ちなみにオンラインでは
ミックスナッツのほか
・1回やってみたかったTシャツ
・ツアータオル
・EATINGリッストート

を買いました…⭐︎

しかし「ミックスナッツは会場内で食べないで」のアナウンスがすごかったので、
よっぽどフェスティバルホールになんか言われたな…って邪推してしまったよね…笑

SHOCKING NUTS TOUR の感染対策

ヒゲダンライブ SHOCKING NUTS TOUR

SHOCKING NUTS TOUR中の感染対策

  • 入口で検温&アルコール消毒
  • 必ず不織布のマスクを着用
  • ライブ中は拍手・手拍子のみ(声出しNG)
  • 混雑を避けるため規制退場

さとっちゃんが最初のMCで、
他のバンドでは声出しOKの空気になってるところもあるのに厳しいと思うかもしれないけど、
仕事や家の都合もあって、このルールのおかげでライブに行ってみようと思えた人もいるだろうから
今ツアー中は僕たちはこのルールのままでいく、
いつか声が出せなかったライブがあったよねって思い出として笑えたらいいね、といった旨のMCをしててなんて誠実で美しいバンドなんだろうって思ったよね…。

ていうかいつも思うけど
人に訴えかける時の
さとっちゃんの語りが上手すぎる…
めっちゃ営業の成績良さそうだし割と何の仕事しても大成したと思う…笑

チケットは電子チケットのみ

ヒゲダン ライブチケット SHOCKING NUTS TOUR

チケットはOfficial髭男dism専用アプリのメニュー「チケット」からの表示。
検温・消毒後に入り口で電子スタンプを押してもらいます。(写真右下)

※アプリ利用は無料

Official髭男dism

Official髭男dism

Fanplus, Inc.無料posted withアプリーチ

電子チケット最初使った時は
紙じゃないと不安…!って思ってたけど今となっては紙の方が失くしそうで不安!笑

ちなみに当たった座席は一階席のど真ん中より前寄り、くらいの席で、
ヒゲダンの人気が今の調子で続くのだとしたら今後これよりよく見える席に当たることはあるのだろうか…と思えるくらい良い場所でした。
トレード出してくださった方本当にありがとう…何度でも言う…

ヒゲダンライブ SHOCKING NUTS  TOUR

SHOCKING NUTS TOUR 振替2日目 セットリスト

ヒゲダンライブ SHOCKING NUTS TOUR
/終演後に自分の席から撮った舞台\

▼SHOCKING NUTS TOUR 大阪・フェスティバルホール振替2日目セットリストです

  1. Pretender
  2. I LOVE…
  3. Tell Me Baby
    =オープニングMC=
  4. Second LINE
  5. ビンテージ
  6. LADY
    =④〜⑦曲紹介=
  7. 風船 (※未発表曲)
    =ならちゃんの曲紹介=
  8. Choral A
  9. 夕暮れ沿い
  10. Subtitle
    =中間MC=
  11. parade
  12. Anarchy
  13. Cry Baby
  14. 115万キロのフィルム
  15. 異端なスター
  16. 宿命
    =本編ラストMC=
  17. ミックスナッツ

  18. Universe
    =メンバー紹介MC=
  19. Clap Clap
  20. 破顔
  21. ホワイトノイズ
    =エンディングMC=

※18~21:アンコール

SHOCKING NUTS TOUR ライブの感想

ヒゲダン大阪ライブの感想ざっくりまとめ

  • 音が飽和せずに立体的に抜ける素晴らしいホール
  • 「音楽を聴いた!」って満足感のあるライブでした
  • さとっちゃんの元気が良すぎる
  • 大ちゃんがあらゆる面でギターヒーロー
  • ならちゃんがお兄ちゃんと俳優業してた
  • ちゃんまつかっこよかった!
  • 進行MCとメンバー絡んだ時のMCの落差がおかしい
  • ホールツアー千穐楽?
  • 感想書いてる人が「最高!楽しかった!神!」しか書けない気持ちも超分かる

この後かなり細かく感想書きますが、
今月の武道館ライブに行かれる方は読まないほうが当日を楽しめると思うので
ぜひ終わったあと覚えてたら覗きに来てやってください♪


全体的に演奏レベルが高次元&
さとっちゃん歌上手すぎて音源余裕で超えてくる
のはもういちいち言いません…

それと私の席ステージ下手(しもて)が
立った時前の人の影に隠れてしまったので
ちょっと印象薄めになってしまってるかも…
ならちゃん何がしか客席にファンサしてたと思うんですが、よく見えなかったので
そこの情報知りたかった方は申し訳ないです…!

SHOCKING NUTS TOUR 振替2日目の感想【前半】

こんなとこ読んで下さってる方はご存知かとは思うのですが、
感想中で以下の呼称を使ってるのでまとめておきます。
(ちなみに私はメンバー全員好きです)▼

Official髭男dismのメンバー

さとっちゃん
 藤原(ふじはら)聡/Vo&Key
大ちゃん
 小笹(おざさ)大輔/Guitar (Chorus)
ならちゃん
 楢﨑(ならざき)誠/Bass&Sax (Chorus)
ちゃんまつ
 松浦匡希(まさき)/Drums (Chorus)
※作詞作曲とMCメインでやってるのはさとっちゃん

おひとりさま参戦の強みで、帰りの新幹線でiPadにわーっとメモしたものを元にセトリ順に追ってます。
記憶が曖昧になっちゃってる部分はごめんなさい!





1.Pretender

初手がいきなりあの印象的なギターリフからの
自身最高ストリーミング再生回数曲…
ツアー名に偽りのないショッキングなスタートでした…

1曲目にもかかわらず安定した演奏・美しい歌唱でみんな油断してたところに、さとっちゃんが歌の最後の音を一生引き伸ばしてて会場内笑いが起きてました。
(長めだなと思ってたRoad to one-man tour収録分の倍くらい

開幕曲ゆえの景気付けか…大阪仕様なのか…笑

Road toの映像はミックスナッツEPについてるよ!▼

楽天ブックス
¥2,624 (2023/02/05 01:27時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

2.I LOVE…

7億再生からの5億再生…
このセトリ、なんか先にノルマ片付けてませんか?笑

歌いながら結構振りがついてたのと
I LOVE…の歌メロの中で
ちょっとアレンジしたの初めて聴いた気がする!
定番人気の曲でも変化があって、これからも楽しみになりました♪

しかしこんな合わすのも歌うのもややこしそうな曲が2曲目…⭐︎

3.Tell Me Baby

めちゃくちゃ久々な気がするTell Me Baby!
大ちゃんとならちゃんもお立ち台に上がってみんなでユニゾン弾くところと、
ライブVer.の曲の締め方が最高に好きなので生で聴けて嬉しかったです。

それと音源は音源で素晴らしいんだけど
やっぱりさとっちゃんのパワーアップぶり凄いなあと思いました。
割とループの曲なのに表現力あるから聴いてて全然飽きない〜

オープニングMC

延期になってた分のごめんねと、
ここにいるみんな一人一人に向けて、それと来れなかった人にも届くくらい一生懸命演奏するねのMCはここ。

毎度さとっちゃんの喋りが達者すぎて
選挙公約演説かと思った。

口から言葉発してる時点で割と先の展開まで頭で考えてる人の話し方ですよね…賢い…

あとは何の言葉だったか忘れたけど
ずーっと、とか もーっと みたいな音でまた化け物肺活量の低音一生引き伸ばし芸やってて、
ちゃんまつとならちゃんがその間両手上げてくるくるやってて可愛かったです。
大ちゃんはニコニコしてた。笑

4.Second LINE

個人的に大ちゃんの声質が、この曲のロングトーンのところのコーラスにめちゃくちゃ合ってる気がするのでライブ版は特に好き!

ヒゲダンの曲はどれもいいなあと思ってるんですがSecond LINEはどうにかして5曲に絞れと言われたら
食い込みそうな曲だったのでこれも生で聴けて嬉しかったです。

セカンドラインがニューオリンズ発祥の元々葬列に続いて賑やかにするためのビートって知った時は、
落ち込んでる人のもとに駆けつける曲のリズムとしてチョイスが粋〜偏差値高ー!って感動した記憶があります。笑

それと曲調全然違うけどこの曲の歌詞、マインドはSubtitleと同じだと思うんですよね。
(Subtitleも贈る言葉のベストはまだ分からないけどそばにいさせてねって歌だと思うので)
さとっちゃんが20代で書いた歌詞と30代で書いた歌詞と思うとまた趣がありますね…。

5.ビンテージ

ビンテージは私の母がとても好きな楽曲なので……
1人で来てごめん…って気持ちが先立ち……笑
(※前回・前々回ライブは母と参戦)

なお実家にお土産持って大阪行ってきました報告した翌日に、次のツアーに向けてファンクラブ入会を検討してたのでまあそれはそれでいんじゃないですかね^^

演奏的には、ヒゲダンコーラスも上手いから楽器の種類が減っても音が厚いままで素敵だった!

余談ですけどフェスティバルホール
ホワイエの天井に星みたいに電球が下がってて
ビンテージのMVみたいで素敵でした⭐︎

6.LADY

今回のライブで一番「音楽聴いてる!!」を味わえた曲。

特にステージ左端にいるアンディの情熱的だったホーンソロが終わっていくことで
右から美しいギターが通るようになってきて、あ、ギターこのフレーズ弾いてたんだLADYやっぱり素敵だなあって思ってるところにロングトーンのボーカルがクレッシェンドしながらかぶさってきて
Cメロに突入した時の鳥肌たるや(ここまで早口)

アンサンブルの地力なのか
フェスティバルホールの力なのか
おそらく両方なんでしょうが素晴らしかった!

ベース音も足下つたって鳴る感じじゃなくて、前からお腹の方に圧でくる響きで生演奏の立体感を堪能できました。
音源ほしいなあ…
でも生じゃないとあの体験はできないのかなあ…

曲紹介MC

ここで一回曲紹介MC入って

  • Second LINEはインディーズ時代に作った曲
  • ビンテージはその頃にはホーン隊にも入ってもらうようになってたけど
    メンバーで出す音を大事にして作った曲
  • LADYはアレンジしたのを絶対フェスティバルホールで演りたかった

みたいな話をしてて
やっぱりさっきのLADY特別だったよね⁉︎って1人で興奮してました。笑

その後がまだ音源で発表してない新曲の紹介で、
自作のCDを手売りしてた頃みたいにライブで曲を先出ししてみたかったって話と、
新曲を出す時はみんなのところに届くよう風船を空に放つみたいな気持ちでやってて
それを歌にしたってMCからの演奏でした。

なんかヒゲダンがずっとライブを大事にしてるのが分かる話だったし、
ヒゲダンメンバーがどれだけ音楽マニアこじらせて珍しい楽器やPC駆使して凝り倒した曲作ってても
出会う人を楽しませたい気持ちが前提にあるから楽曲に一人よがり感が無いし、たくさんの人が受け取りやすい仕上がりになってるんだろうなって伝わって来る話でした。
色々と反省させられるわ^^

7.風船(※未発表曲)

イントロ聴いた時点でぱあっと視界が開ける感じというか
朝ドラ始まったかと思った

個人的にOfficial髭男dismの楽曲はきれいなヒゲダンの時と
やべえ音楽オタクが隠せない時のヒゲダンがある気がしてるんですが今回は前者でした。どっちも好きだよ…
そして聴いててこんなはっきり「作詞作曲藤原聡!!!」感あるの凄いなと…笑

なんか私の勝手な印象なんですが、メロディラインが微妙なところふわふわしてこれどこに行く気ですか?ってなってても、割とポイントポイントで鮮やかに解決されるとこがさとっちゃんっぽい…ものすごい例出しちゃうけどモーツァルトの旋律みたいな…
(逆にChoral Aとかは本当に最後の最後まで着地してない気がする)

歌詞は冒頭のMCが完全に音に乗った感じだったのでシンガーソングライター感あったのと、
特にCメロに当たる部分かな?の不安だけどやったった的歌詞めちゃくちゃ藤原聡!って思いました。

サビ部分、薄くだけど直球の啓蒙入った歌詞ひさしぶりじゃないかな?
音源化&歌詞カード読むのが楽しみ!

8.Choral A

「僕たちは聡以外のメンバーが曲を作ることもあるんですけど、次はそういう曲です」って、ならちゃんのMCからのChoral(コラール) A

このホールツアーほぼFCの人しか当たってないから周知の事実ではあるんだろうけど、
警察音楽隊で演奏経験のある僕が
オファーを受けて警察音楽隊の映画の主題歌作りました!
って言わないならちゃんの謎の謙虚…笑

映画館でも聴きたかったので観に行ったけど
カメオ出演でもヒゲダンのならちゃんです!って
やらしい主張せずにちゃんと警察音楽隊やってて
わ〜本物だ〜って思いました。

ついでに映画の話しちゃうけど、
結婚できない男めちゃくちゃ好きだったので阿部寛さんが主演なのも嬉しかった〜
アベちゃんの強い女にやり込められる感ちょっとあのドラマの雰囲気あったよね…笑

¥3,221 (2023/02/07 10:53時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

さとっちゃんのこの曲冒頭の歌い方のゴロツキ加減にも、ならちゃんの描く少々治安悪いけど人情味ある世界観にプラスで
ほんのりアベちゃんみを感じるんですが気のせいでしょうか…笑

ところでこの曲の手拍子中
「誰かが心を乾かしてる」と「目では見えやしない」あたりで混乱するの私だけですか…?
譜割りが分からなくてカラオケしててもいつもあそこでフワッてなる!

あれこれ拍おもて⁉︎裏⁉︎で迷ってるとき
大体パーカッションのぬましょうさん見ると客席に合図送ってくれててありがたい…
Second LINEとか…
ぬましょう先生の音楽教室…笑

9.夕暮れ沿い

原曲もメンバーみんなで歌う版も好きなんだけど
ビッグバンド・ジャズVer.生で聴けた〜!泣

自分の人生で縁遠かったバンドのライブというものに絶対行きたいと思うようになったのは
オンラインライブのDVDでこの曲を聴いたからだったので、やっと本人たちに拍手ができた!って感慨もひとしおでした。

▼遠方の友達への布教用にもう一本買うか悩んでる…笑

楽天ブックス
¥4,319 (2023/02/08 16:39時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

ソロの見せ場のアレンジがそれぞれ変わってたのと、よっしーが1人で弾いてたところが、さとっちゃんのピアノと演り合いみたいになってて楽しかった♪

さとっちゃんが中盤以降わりと大ちゃんのそばウロウロしてたので(言い方)
そういえば夕暮れ沿いでギターあんまり気にしたことなかったなと思って聴いてたんですが、
この突き抜けるパワフル歌唱とホーン隊主体のえげつない音圧の中で
撥弦楽器一本で装飾飛ばしてくる大ちゃんおかしくない…?ソロ弾いてる時ももちろんかっこいいけど
この巨大なものと対等にやり合えてる感じこそギターヒーローなのでは…?とちょっと思った…笑

10.Subtitle

歌も演奏ももちろん素晴らしいんだけど
照明がガチすぎて…

もはや照明が歌ってんのかレベルの気合いの入り方でメロディごとにコロッコロ変わるし
この曲は絶対感動させてやるというスタッフさんの気概を感じました…ショーだったよ…!

あと後半あたりどの場面だったか忘れたけど、
さとっちゃんと白いスポットライトで抜かれてるとき音的にもビジュアル的にもちゃんまつがめちゃくちゃかっこよく感じた!

ちゃんまつリズムのレパートリー多いなーとか
実は複雑で細かいこといっぱいやってるなーとかの時もかっこいいと思って聴いてるけど、今回個人的ベストはこの曲だった!

中間MC

今しがた後世に残るであろう名曲をバッキバキに歌いあげたスーパーミュージシャン様が
「あ゛りがとうございました〜…」ってちっさいカスカスの声で言って会場の笑いをさらうとともに、
やっぱり本人でもそんな感じになるんだ…っていう安心感が…笑

カラオケでSubtitle歌ってるとマジで息吸うタイミングない・1回でも拍のタイミング逃すと置いてかれる・ずっと高い の地獄の3拍子凄い神経使う!

(さとっちゃんはしばらく掠れ声で遊んですぐ復活してましたが)

(ていうか夕暮れ沿いの一大歌謡ショーの後
 間髪入れずにSubtitleって)

MCは、この辺でメンバーに話を聞いてみましょう〜お元気ですか?(ゆるい…)でならちゃんから回り始めて、
ならちゃんがホールの響きを褒めたのでそれにのっかる感じで
さとっちゃんが武道館はホールではないから実質今日がホールのツアーとしては千穐楽、
こんな素敵なホールで締められて嬉しいみたいな話をして、
ちゃんまつが年上2人から滞在中のホテルのWi-Fiが遅いって文句言ってたのと
ツアーに20kgのおもたいおまもり(ゲーム用PC)持ち運んでるの暴露されて、
(みんなもApexやろうぜとのことでした^^)
その流れで大ちゃんとさとっちゃんのところで
会場のみんなの家のWi-Fi速度のアンケートとったり結局ネットは有線が最高って話で盛り上がってて、
ならちゃんにあなたたちライブ中ですよ某曲終わった瞬間気抜け過ぎですよって止められるまでがMCでした⭐︎

ていうか大ちゃんとさとっちゃんが割と
パソコン直接線で繋いでると遅延ほぼ無いし
オンラインで地方の先生に歌習ってる時も今こうして話してるのと感覚変わらないみたいな
リアルに参考になる話をしてて、こっちも真剣に聞くモードに入ってたので
ならちゃんにツッコまれてライブ中か!ってハッとしたという…。

SHOCKING NUTS TOUR 振替2日目の感想【後半】

覚えてないんですけどあのMCから
どうやって後半突入したんでしょうね?^^
確かWi-Fiトーク止めようとするならちゃんを必死に制して、大ちゃんがなんかうまいこと話まとめた気がする。

ともあれ、後半のセトリの感想です▼

11.parade

parade(パレード)は正直原曲聴いてるとき、リズムとか小粋で可愛いけどタイトル考えるとちんまりした曲だなと思ってたんですが、
今回いろんな楽器の音がステージのいろんなところから飛んで来て
わーみんなで演る音楽たのしいなー!ってアレンジに仕上がってました。
ボーカルもいろんなテクニック使ってて楽器みたいで面白かった!

上京前に作って初めて全国区で流れた思い出の曲とかだったと思うのですが、
細かい音までちゃんと聴き取れるホールという場所の良さを感じられる曲でもあったかも。

照明がまたポップ&キュート!って感じのパステル調でかわいかったです。
音楽的にも視覚的にもラブとピースだった♪

12.Anarchy

ヒゲダンのライブ映像流してて、途中で
「自分は今何を聴かされてるんだ?」ってなることがしばしばあるんですが
今回の枠はこれでした。

※他の参考例といたしましてはArena TravelersのFIRE GROUND間奏・EditorialツアーのBROTHERS終盤でラプソディインブルーまがいが始まったとき

なんか…Anarchy UKロックって言ってましたか…?
詳しくないんですけど歌詞こそプンプンしてるけど
原曲もっとニヒルっていうかアンニュイな感じじゃなかったですっけ…

音楽開始と共にすごい滑らかに天井から降りてくるレトロなんだかハイテクなんだか分からんUFOみたいな照明…
スポットライトの下で意味不明なギャリギャリのソロ弾いてるサイケデリック大ちゃん…
宇宙人の王子様かと思ったわ…

なんか優等生バンドみたいな評価あった気がしますが、実質ミックスナッツEP収録楽曲お披露目ツアーで収録曲ここまで魔改造する優等生はいないし跳べって何?????

楽しかったけど終始困惑してて音楽的なこと何も理解できなかったので音源欲しいです…
今思い出しながら書いててやっぱり
一曲まるまる「自分は何を聴かされてたんだ?」って感想になるのおかしいなと思いました。

13.Cry Baby

Anarchyで困惑しすぎて
こんな大曲の印象が薄い!!!!

頑張って思い出すと
アリーナツアーでもないのに相変わらず照明は凄いし
さとっちゃん前の曲であれだけ煽りまくって暴れたあとなのにこんなややこしい曲でも全然音外さないし
間奏への繋ぎで今なら喉ちょっと休憩できるのに
わざわざそこまで歌ってくれるんですか!?って思ってた記憶はある…^^

あとは低音ビシビシくるのが気持ちよかったのと
間奏の音圧すごくてかっこよかった〜
ライブで聴くならこれを体験したかった!ってところがちゃんと体験できた!
あ、わりとちゃんと覚えてたわ!笑

14.115万キロのフィルム

さっきまで土砂降りで雷落ちてたのに
いきなりウエディング定番ソングになるの
曲の振り幅おかしくない?

虹色のスポットライトの下で
いつもよりジャジーめにピアノ弾き語り始めたと思ったら
ほんわかハッピーコーラスと
愉快なホーン隊の仲間たちで幕開けするの
もしかしてこれがリベンジに成功した世界線なんですか?

そっか!じゃあよかった!(思考停止)

15.異端なスター

最初の武道館とかArena Travelersの時と同じ
POWER系繋ぎで異端なスター。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

このライブのステージ、ドラムの位置が台の上でちょっと高めだったんですが、
曲中メンバーがそこに高低差つけて集結するもんだからステージ上がヒゲダン動物園と化してました^^
Official髭男dism結成10周年おめでとうございます^^

さとっちゃん曲中のフェイクがいつもより気持ちあっさりめかなと思ったら
最後の最後で異端どころかどこの超大物海外スターですか?っていうEditorialツアーの本編終曲Lost In My Roomのフェイク彷彿とさせる歌姫音域までぶち上げて歌い切ったので、
うわー!これはクライマックスだわー!!ミックスナッツで締めだわーと思ってたら▼

16.宿命

ここから!?

宿命のド派手なイントロと共に
「大阪でこれをやらないわけにはいかないでしょう!!」って叫んでて
甲子園の曲だしまあそれはそうなんだろうけど
元気よすぎてラウドボーンかと思った。

参考:ラウドボーン
ポケモンSVに出て来るほのお系御三家ポケモン
攻撃のために歌えば歌うほど自分の歌の威力が増すいかれたチート技が使える
なんならラフター連れてる

なんかさとっちゃんこの日もどっかのMCで
年食っただの健康に気をつけようだの
60とかになって今みたいに腕は上がらなくなるかもしれないけど
なるべく元気でライブしてたいね^^だの枯れたトーク繰り広げてたけど
標準値の部分に一般人とのズレを感じる。

個人的にベース吊ったままシンセベース弾いてるならちゃん職人感あって好きなので、
この曲のときたまたま死角から外れて生で見られてよかったです♪
ヒゲダンの演奏は低い音も高い音もみんな分厚いから一層豪華に感じるね…


結局宿命の次の曲で本編終わりだったんですが、
歌詞のメッセージ性考えると
「これからも思い出を作っていこう」の115万キロのフィルム、
「自分を信じて歌っていよう」の異端なスター、と来て
「不安になる時もあるけどこれが自分の宿命だ!」って流れになるの、実質10周年ツアーのクライマックスへの持って行き方としてめちゃくちゃ熱いし綺麗ですね。

17.ミックスナッツ

SHOCKING NUTS TOUR本編終曲。
さとっちゃんピアノでコード押さえながらの
MCざっくり大意▼

正直に、ありのまま生きるのが正しいこと・美しいこととされながらも
僕たちは1人で生きている訳じゃないから、時に自分の役割の型にはめられながら、時に自分や人に嘘をついて
生きていかなきゃいけない時もあると思う。
でもそれはなんとか折り合いをつけてでも、周りの大切な人たちと上手くやっていきたくて取っている行動なわけだから尊いことだと思う。

ただそうして自分を偽っていることがどうしても辛くなってしまう時もあるから
僕たちはそういう時にあなたに寄り添ったり、すくい上げたりできる曲をこれからも作り続けたいと思うし
時にはこうして一緒にライブで暴れて発散したりしながら、これからもあなたと年を重ねていけたらいいなと思います。
今日は来てくれてありがとう きっとまた会いましょう!

そのままジャズ調の弾き語りで

隠し事だらけ継ぎ接ぎだらけのHome,you know?
仮初めまみれの日常だけど
ここに僕らがいて あなたたちがいる
その真実だけでもう胃がもたれていく

で、楽曲本編。

まさかミックスナッツで
泣かされる日が来るとは思わなかった。


なお曲本編の情報量は
やっぱりおかしかったです。
(この曲って破綻せずに生演奏できるんだ…!笑)

ちゃんまつのドラムの頑張りが、聡先輩によると金一封ものらしいから集中して見ようと思ってたんだけど
わりとどの楽器も動きおかしいし、さとっちゃん歌うの見てたらピーナッツポーズのタイミング逃した。笑

▼Kindle Unlimited会員だったから無料で読めたんだけどいい記事だったよ!
(あの件嘘じゃない?ってのが一箇所あったけど笑)

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

SHOCKING NUTS TOUR 振替2日目の感想【アンコール】

ステージの準備しに来たスタッフさん達が
引っ込む前にみんなでピーナッツポーズしてたよ。可愛いね…笑


アンコールは着替え無しで、衣装は本編といっしょ。
最近の衣装もちろん良い物なんだろうけど袖すら半端丈のテロテロシャツだから、
前よく着てた柄物スーツお洒落だったのにな〜ってちょっと残念に思ってたんですが、
今回のライブ見て本当はここまで舞台の端から端までとんだり跳ねたりしたかったんだとしたら
なんかもう今までごめん
とさえ思えてきた。

むしろ一応途中までジャケット着てたさとっちゃんえらいと思ったし
「スキップしながら歌う男性ボーカル初めて見た」って誰だったかの反応いまだに笑う。

ならちゃんの拍の取り方も熟(こな)れててかっこいいけど、さとっちゃんが歌ってるときの体の使い方もそれ自体が楽器っぽくて見てて楽しいし、音楽を感じるよね。

18.Universe

Editorialツアーの最初と同じ前奏付きでUniverse
その時はアンコール頭がPretenderだったから
今回はちょうど逆になってるセトリ。
あのワクワク感でステージ戻って来てくれるの嬉しい!

ドラえもん映画の主題歌で、我が家の5歳ちゃんへの接待カラオケで散々練習したので一時メロディとドラム以外が聴き取りづらくなってたけど、
公式が公開してくれてるStem Playerで遊んでたら復活したよ…笑

そして息子が行きたがった初の本格映画だったので
主題歌がヒゲダンでとても嬉しかったのですが、フルで聴かせてくれなかったことだけは許さん^^

▼でも2番やってたらエンドロールほぼ5分か…★

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

しかしさとっちゃんライブ中、よくこの豪華な対旋律バックに惑わされないで主旋律に音あてて歌ってるなって感心するよね…
いやプロだし作ったの本人だけど…

あとギター、チャカポコチャカポコとかいろんなことしてて装飾&音色職人本領発揮を感じて楽しいね…笑

メンバー紹介&MC

多幸感いっぱいの音の洪水Universe、
そして「僕たちをステージに呼び戻してくれてありがとう!」ってMCのあと
サポートメンバーを含むメンバー紹介で
そりゃもう拍手拍手の大喝采の果ての

「胃カメラをね?」

とつぜん何?

持ちネタになるんだったら申し訳ないので
あんまり詳しく書きませんが、
その前にちょっと自分語りさせてくださいね。

最初の方でちょこっと書いたんですが
私は中学からずっと同じ楽器やってて
関西に進学してからは付き合いもあるので
クラシックのコンサートに月2くらいのペースで通ってました。

だから数年にわたってこっちの様々なホールを見てきたわけなんですが
「京都コンサートホール」「フェスティバルホール」の二つはやはり別格で、
学生なりにそれなりに正装して行く場所だと思ってたし、
前者についてはクラブの周年行事で自分も上がることができたものの、フェスティバルホールは心象的に聖地のままでした。

その聖地のステージに仰向けに横たわり
患者さんとお医者さんコント始めた時の
「この人たちフェスティバルホールで何やってんの?」感ときたら


しかしちょっと手伝ってって呼ばれて
すぐ小道具(ツアータオル)とってきて
お医者さん演じきったならちゃん俳優でしたね…
最後に「主演楢崎誠!」ってならちゃん立てた感じで
なすりつけたさとっちゃんに関しては
どうかと思いましたが… お前が始めた物語だろ

有名人大変だなと思ったし
結果は大丈夫とのことでしたがご自愛ください…

どうでもいいけどさとっちゃん
寝転がって仰向けでマイク持って喋ってても
全然声ブレないし普通に喋ってる時と声量変わらないの凄いなと思いました。笑

19.Clap Clap

今回も声出しできないならクラップだけで盛り上がりそうだし、
この曲やってくれないかなと思ってたので嬉しかった!

歌詞の「このままじゃ駄目だ!」と探し続けよう
理想の自分に勝てなくてもいいから、って部分すごく好きです。よく思い出す…
よく思い出す事態が多いのもどうかと思うけど…


クラップだけとは書いたんですが、ライブコレクションに入ってた「ご唱和ください!」からの斉唱バージョンも好きです。
みんな楽しそうでライブハウス時代も行ってみたかったなーって思う。
あとメガネのさとっちゃん超可愛い。

▼一応紹介用に貼ったけど、新品公式ショップで4,400円だよ…!

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

20.破顔

去年まではこれでライブの締めだった曲。
「途方に暮れる」って本来ネガティブな言葉に
ポジティブなニュアンス滲ませるミックスナッツ構文の曲だし、
誰そ彼って言葉も入るからSPY×FAMILYのOP入ってるEPの締めとしても巧いな〜と思って音源聴いてました。
歌詞的にも音像的にも詩人…
「きっと僕らは受け取ってしまう」以降の歌詞が特に好きだしちょっと泣く。

ライブではこの曲のクライマックス前に
MC入ってさとっちゃん主導でスマホのライト点けて、音楽に合わせて振る演出がありました。

延々ハンズアップより
アンコールの拍手を送り続けるより
スマホレベルでも負荷があるままスローで腕を振る方がキツいということが判明しましたが
綺麗だったし思い出の一つになれたなら何よりです…!

そして一階席だったのでライトより
みんなのスマホのホーム画面見てる時間の方が長かったんですが、歌詞以上にそれぞれの人生が垣間見えて面白かった…笑

ご家族… 友達… アニメ… 犬…!

っていう話で思い出したんですけど、
前に参戦したヒゲダンのライブで、私の斜め前方にいらした方が曲中ほぼ身じろぎ無し&MCの間も直立不動で、
まあメンバーも好きなノリで楽しんでって言ってるし別にいいんだけど、
男性で身長もあるし多少動いていただけたらもうちょっとステージ見えるんだけどなあとちょっぴり残念に思ってたんですね。

だけど退場待ちで視界に入ったその人のスマホのホーム画面が、
めっちゃイケメンのさとっちゃん(歌唱中)で
全てを察して許した。

なんなら邪魔してごめんなさいというか
そこに思い至れなかった自分の浅慮を
許されたい気持ちになったし、
一緒に行ってた母(大ちゃん推し)と
あの画像くれないかなって帰りに話してた。


なんの話だよってところで今ライブに話戻しますと、破顔ギターがかっこよくてびっくりしました。
音源こんなフレーズあったっけ?って思ったけど、音量絞っててぽわぽわした音像だからギターと思ってなかっただけかも。

そして今回のライブ、声は出せないけどクラップもハンズアップも多めで、
この曲でとどめの筋トレだったのでこれは明日以降筋肉痛来るぞー!と思ってたんですが
どっちかというと悩んでた肩こりが治ったので
ヒゲダンのライブ、フィジカルにもいいなと思いました^^

21.ホワイトノイズ

破顔ラストからほぼ間を開けずに
今年あたま発表のホワイトノイズ。

タイアップ先の世界観にバッチリ寄り添いつつ
ほっときゃいいのに昔の曲調が良かったとか言ってる懐古の皆様の声にもちゃんと応えた気がするさとっちゃんのサービス精神ほんと好き…胃を大事にしてほしい…

新曲だし本当は長々感想書きたいんですが
いい加減字数が大変なことになってるんで一番好きなとこだけ!

歌詞がSubtitleとかに比べるとシンプルで疾走感ある分、ド派手ギターソロ後の大サビ「あなたの絶望を抱き締めるまで負けない」の意味合いの濃度が高くて燦然と輝く気がするんですよね。
絶望に対して「打ち砕く」とかじゃなくて、その経験をした「あなた」丸ごと肯定してる感あるのがめちゃくちゃ愛を感じるし、この詞がこの場所にあることが超熱い。

ライブ自体の感想といたしましては
前日が初披露だったはずなんですが
こんな仕上がってるもんなんですね…

演奏もだけど特に
サポートメンバーの振り付けが…

(サポートの方が自主的にやってらしたと思うんですが、ホーン隊とかキレッキレすぎてもうほぼプロダンサーでした…)

照明も赤と白主体で、夜の高速道路みたいでかっこよかったです。
ラストあたりから男子の悪ふざけが加速して
各々決めポーズ取ってたけどとりあえず
ドラム叩きながらちゃんまつが立った!笑

エンディング

アンコール4曲の特盛ライブ
エンディングのBGMはミックスナッツ(歌入り)

サポートメンバーもみんな前に出てきて
Editorialツアーのラストみたいにくるくる交代ハグして、
それをフィナーレの拍手で見送ったあと
メンバーが残ってそれぞれコメント(大意)▼

ちゃんまつ:昨日食べたたこ焼きも熱かったけどそれより熱いライブだったぜ!(会場温かい拍手^^)
ならちゃん:本当にツアー千穐楽かと思うライブだった!
大ちゃん:必ず帰ってくるからまた遊ぼう!
さとっちゃん:ヒゲダン2023年も盛りだくさんで爆進するのでよろしくお願いします!

4人で手繋いでお辞儀したあと他のメンバーははけたんですが、
舞台の端で両手を腰に当てて、勇ましい感じにミックスナッツ口ずさんでるさとっちゃん…
あれ多分六甲おろしのノリでしたね…
自分の音源に合わせてふざけてる
トップアーティスト何…?

最後のフェイクを大サービスで高らかに歌い上げたあと
客席に両手ぶんぶん振って去っていかれました…
そりゃみんな好きになっちゃうしまた来るよ…

以上、
Official髭男dism SHOCKING NUTS TOUR
大阪フェスティバルホール振替公演2日目の感想でした
お付き合いありがとうございました!

*
*
*

ヒゲダンめちゃくちゃ次の約束してくれるから
ライブ後も虚無感に襲われないのが素敵ですね…

まあ地球最後の日でもまたねって言いそうなのが
アレですが…

\ 濡れながら先輩…! /

そして140字にまとめられないからブログ書こ!って思ったのですが
まさかの16,000字超え&ライブ後2週間経っての感想になってしまったこと、己の未熟を痛感しております…精進します…。

大阪遠征余談

新大阪で買えるおいしいお土産は一通り買って来た人間が
最終的に行き着いたお土産  (大阪とは…)

ライブ終了&規制退場後、
日付変わる前には広島に戻れて息子を寝かしつけ終わった夫が出迎えてくれました。
前日「チケット当選した!どうしよう!」と買い物帰りの後部座席で騒いだとき
我が事のように喜んでその足で新幹線の予約に連れてってくれた夫です… LOVE…

「ホワイトノイズあった!?野球のは?」とか言ってるので、
カラオケでも演歌か長渕剛しか歌わない男がだいぶ訓練されたなと思いました…

「今度はパパが行こうかな!」

パパ「も」ならわかるけど
それはおかしいだろ


お子様ウェルカムのヒゲダンライブですが、
5歳ちゃんは一緒にEditorialのライブBlu-ray見てるときLost In My Room前のさとっちゃんの熱いMCで
「音楽まだ?」と言い放った前科があるので保留です。心臓止まるわ。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いたひと

広島市在住のブロガー・整理収納アドバイザー(1級)・薬膳マイスター。元進学塾文系講師。夫と6歳さんと3人暮らし。読書・音楽・さんぽ・お花いじり・どうぶつの森・ポケモン・寺社巡り・ハウステンボスがすき。

INDEX